東京海上日動 企業型確定拠出年金 オススメ商品 銘柄教えます。

iDeCo 企業型DC

はじめに 東京海上日動 企業型確定拠出年金DC の選び方

務めている会社が確定拠出年金DC型を行っていると社員はその企業型DCになりますのでここから投資先を選ばなくてはなりません。

(2022年10月よりiDeCoと併用できるようになります)

今回は初心者向けに

確定拠出年金の選び方をレクチャーしますので最後まで読んでくださいね。

最後まで読んだ方は、年金もらう年になったとききっと、高確率で幸せになれると思います。

そしてこのブログを見つけたことをよかったと思って頂ければと思います。

企業型DCって

やらないと損なの?

はい。絶対損です。お金を貯金しているくらいなら必ずやってください。

①投資で儲けが出た時の税金が掛かりません。

通常、株式の場合、儲けから約20%税金が掛かります。100万円儲けたら約20万円引かれるイメージです。それだけでもかなりお得ですね。

②マッチング拠出という制度があり。

あなたの会社でこれがあるなら是非やりましょう。

給与から引かれている時点で、所得税、住民税控除がありますので、この時点で節税されています。大体、収入にもよりますが、20%〜30%は引かれているはずです。簡単に言うと、1万円分マッチング拠出すれば、2,000円〜3,000円減税され得しているという事です。

マッチング拠出とは給料から掛け金を増やす事です。

もうすでに2〜3割も得していますね。すでに元本割れリスクはかなり減っているって事なのです。

給与もらってから自分で投資するより税金面でかなり得しているって事ですね。

つかえる人は最大限に使うべきものなのです。

やらない理由はないです。

商品って?

商品っていうのは、なにか物に聞こえちゃいますが、保険とか投資信託(現金を株とかに変えてまとめたもの)を商品っていいます。

会社から毎月出ている年金や毎月給与から引かれた部分を何かの商品に振り分けるってことです。

振り分けないと、ただ元本保証で積み立てているだけってことです。超もったいないことしているってことです。

元本確保型商品 と 投資信託(元本確保型以外)

元本確保型商品

投資信託(元本確保型以外)

その中で、定年まで10年以上ある方は、投資信託を選ぶのが必勝パターンです。

投資を行ったことが無いひとは、つい元本保証型しか選びませんが、15年以上あるのであれば、投資信託も視野に入れて投資を考えましょう。

元本保証は、儲けの税金分の特が少ないですから、確定拠出年金以外で貯めてください。

投資信託(株式)というと、怖いイメージがあると思いますが、全然怖いものではありません。

細かく売買しているひとは大きく損害を出す方がいますが、世界の経済が成長すれば、世界の株価も上がります。短期では機能しませんが、10年-15年以上の長期では右肩上がりになっている過去の歴史があります。

お金で持っていても、毎年インフレといって物価が上がり、相対的にお金の価値は下がっています。そういうことを考えてもお金で持っているということ自体がリスクと覚えておいてください。

では細かくみていきます

非常に商品が多いですね。でも全然問題ありません。

15年以上期間がある人向けに書きます。

まずは、

①元本保証型商品は除きます。元本保証型は、運用益が出ても税金が掛からないメリットが無くなるため外します。

➁ 投資信託から、信託報酬率が0.3%を超えるものは×です。ましてや1%なんてありえませんからね。これは運用会社の儲けです。少ないほうがいいのです。

③ 日本も外しましょう。日本は今後、人口が減っていきます。経済成長は消費が無いと成長しません。人口が減ることは投資リスクなのです。アメリカか、全世界に投資です。

④ REITというのは不動産です。私は株式がいいと思います。株価が落ちると土地も下がりやすく分散効果も少ないため、株式だけでいいと思います。

⑤ アクティブと書いてあるのも×です。アクティブが長期運用でパッシブ(インデックス)と書いてある商品に勝つのは難しいからです。(詳しくは書きませんが、これが世界共通の投資理論です)

⑥バランスと書いてあるのは信託報酬が高めで、日本株を含むので外します。

あーむずかしい!!!!

わからなーーーい!!!

という言葉が聞こえました。

では、私が選んでおきます。

それを省いたのがこちら↓

どちらでも結構です。全世界の株式をまとめて買う投資信託になります。

MSCIコクサイという指標を買う事になります。

これは、日本を除く先進国の約1300の株式をまとめて買っている事になります。

2007年に投資していれば、2.6倍になっていました。

元本保証型なら、コーヒー飲んだら終わりですね。。

このチャートを見ても分かりますが、2年位の落ち込みは平気であります。

これに耐えて、積み立てることなのです。

私が言い切りましたが、投資は自己判断でお願いします。

必ず守ること

この2つは、急な世界情勢の変化で30%~50%程度長い年月で下がるときがあるとあるかもしれません。でも世界成長は、長期では右肩上がりなのです。

そのときに絶対に株式トレーダーぶって、途中で売ったりしないことです!!!

移管しても、戻すタイミングが分かりませんよね?また、下がってから移管してしまう可能性が高いです。

株は上がるのも下がるのも、プロですら難しいのに分かるわけがないのです。

一番儲かるのは死んだふりなのです。死んだふりですよ。出し入れしないことが右肩上がりの世界経済に乗れることなのです。

これが守れないなら、買わないで下さい。

これを守れるのであれば、上記は出来過ぎですが、10年で2倍も夢ではありません。株式は複利で働きます。20年後は4倍。どう思いますか。

どうしますか。死んだふりできますか。

これが資産を蓄えているひとの王道の手法になります。

真似しないと一生お金に困るんです。

困らない老後のためにきょうから設定しましょう!

これが世界経済の成長に投資するということなのです。

人類は、世界恐慌、戦争、疫病、リーマンショックすべてを今まで乗り越えてきました。人間ってすごいのです。

その人間が作った企業ですから、成長するのです。

そして、倒産する会社より成長する会社の方が圧倒的に多いのです。

その世界中の株式をまとめて買うのです。

心配いりますか?

これはあくまで長期のお話です。

これが王道の株式投資ですからね。絶対に売ったり買ったりしないでください。

では、幸せな老後を祈っています。


海外ETFランキング

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました