VGTとQQQとVOOG どれに投資すべきか。オススメ銘柄は?

投資のはなし

グロース株が好きな投資家は、QQQ、VGT等へと投資する方が多いと思います。

ではQQQ、VGT、VOOG グロース投資でどのETFがよいか比較してみましょう。

QQQ VGT VOOG  とは

QQQ:インベスコQQQトラスト・シリーズ1というETFになります。NASDAQ100指数に連動した投資成果を目指します。ナスダックに連動するため、米国を代表するハイテク銘柄に投資する構成となります。

VGT: バンガード・米国情報技術セクターETFです。米MSCI社が提供する外国株式が提供するインデックス指標になります。 構成銘柄は情報魏技術セクターのみの構成になります。

VOOG:バンガード・S&P500グロースETFというETFになります。代表的な株価指数であるS&P500銘柄のグロース株だけから算出される S&P500グロース指数 に連動した投資結果を目指します。

運用コスト

QQQ  0.20%

VGT  0.10%

VOOG 0.10%

高成長ETFは、0.2%ぐらい当たり前なのでQQQが高い気がしますが、全然安いほうだと思います。

VGTとQQQじゃ倍ですが、0.1%であれば許容できます。

すべて特に問題になる数字ではありません。

組入銘柄

上位10位の組み入れ銘柄は以下の通りです。

1,2位のアップル、マイクロソフトは変わらずですが、VGTは情報技術銘柄のみですので、アマゾン、アルファベット(GOOGLEのことです)、フェイスブックは含まれません。その代わりにビザ、マスターカードのクレジット会社が入ったりと銘柄に特色があります。特にアップル比率が高いですね。

すべて、上位10社で約5割程度となっています。VGTはこう見ると、組入銘柄数は329銘柄と多いですが、分散が効いているとも言えず、上位比率が高く偏った構成になっていることが分かります。

分散か集中か分かれるところですね。

チャートを見てみよう

tradingviewより引用

5年チャートで見てみましょう。

VOO(S&P500)は基準として見てください。

すべてVOOを超えています。素晴らしいですね。

特にVGTは強いですね。5年で3.4倍ですからね。

QQQもとてもすばらしいですが、見劣りしてしまうくらいです。

VOOGはグロースとはいえ、やはり新興グロースはS&P500に含まれていないので勢いが足りないですね

過去の実績だけだと、VGTに軍配が上がります。

では、どこに投資するのがいいんでしょうか。

悩みどころですね。

もちろん過去の結果を見るとVGTなのですが、アップルが20%弱とここが大きくけん引しているのは確かです。

今後の情報通信、アップルを信じるかどうかだと思います。信じることが出来るのであればVGTでしょうか。

VOOGは、やはりこう見ても、グロースだとNASDAQの新しい銘柄に勢いがあり、S&P500採用のグロースとなると厳しいチャートになるのかと思います。

QQQはもはや鉄板ですね。安定して強いです。しかも、アマゾン、フェイスブックも入っている為、この2社も成長すると考えているひとなら、QQQになるかと思います。

また、QQQを買って個別銘柄でアップルを買うということも考えられます。

私は、すべてコレとはせず、QQQを主軸にVGTを少し入れる程度にしておきます。

あくまでNASDAQ100指数は米国でも代表指数です。偏らず、王道の代表指数に乗っかりたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


海外ETFランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました