FIREする前に必ず確認したい4つのこと。

セミリタイア

投資がうまくいき目標額が達成されたら最終的にFIREしたいと思っている方は多いかと思います。

わたしもそのひとりですが、わたしの場合セミリタイア(といっても仕事量を抑えただけでフルタイムでは働いていますが。。)しておりますので、完全なるFIREの感覚が少しづつですが理解出来てきました。

あなたがFIREの資金がたまったら、FIREする前に自分の正直な気持ちを確認してみてください。

これから4つの質問内容をいたします。

この質問に引っかかることが1つでもあるのであれば、時期がまだ早いのか、FIRE向きではないのかと問い正すのもよいかと思います。

※今回はFIREでも節約FIREという人も居ますので、あくまでFIRE後もそれなりに裕福に生活したいという方向けに書いております。

おかねが好きだったのではないのか。

投資をして、着々とお金を貯めて育てて

旅行へ行ったり、好きなことをしたりきっとたのしいだろうなぁ。

なんて想像して、いざFIRE!

でも、使えば使うほど、たのしい出来事と共に資産が目減り。

2022年のような暴落があると、4%ルールは大丈夫とはいえ、4%なんて怖くて使えなくなっちゃう。暴落時に4%使うのは勇気がいりますね。2022年なんて債券も暴落しているし。お金使えない、働いていたほうが実際あそびに使っているって感じFIREしたのになぜ。。

こうして目減りしなくても、お金使っているので資産が増えないことのストレスが貯まる。

ってよくあるFIREのパターン。

結局、FIRE後再度働きたい理由って資産が目減りするストレスが大きく出てしまいそのストレスを減らしたいので働く場合もあるのです。

わたしも収入が減りましたが、結局ですねしっかり働いていた時のほうが遊びにもお金を使っていました。

あそびにお金使っても、入金力があり貯められていたからです。

あなたは、正直おかねを育てていた自分が好きではありませんか?

だんだん増えていく資産を見ているのがたのしいのではないでしょうか。

お金持ちになりたかったのか、お金を貯めて何かをしたかったのか?

以外にですね、資産運用しているってことは、おかねが増えることが好きなんですよ。

でもFIREしてからは、収入無しにお金使うので増えない。または減る。

減るっているのはこういうひとにとってストレスなんです。だって、お金を増やすのが趣味なんですから。

一生分は無くならないと分かっていても、目減りがつらいんです。

よくある有名youtuberとか、有名ブロガーとかは、しっかりとした副収入あるから(実際はそれが主軸ですからね)、FIREしても悠々自適にストレス無しなのですが、一般人がそういうのにだまされちゃだめですよ。あれって、みんなFIREといってますが、副業に目途がついて実際はサラリーマン辞めて起業といいますからね。無収入ではないのです。

一般人がいうFIREっていうことの実際って、これが言えるかどうか。

資産が減っても、楽しいことできれば幸せ!って思えますか

これを自分に問いかけてください。

もし、資産が減るとストレスであれば、FIREには向いていないのかもしれません。

簡単にいうと、今みたいな暴落時に資産の4%を使っても気分が晴れていて幸せでいられるかどうか。

ここでNOなら

副業なり小さく仕事したりと完全FIREをやめることも考えたほうが幸せなのかもしれません。

今の仕事。条件が良いのではないか

FIREのときって、仕事=ストレス と思っていますよね。わたしはかっこつけずに正直に思っていることを言うとそう思います。

でも、仕事が楽=ストレス無し とは限りません。

あなたは、今の仕事、世間一般に言うと恵まれた環境ではないでしょうか。

FIRE出来るぐらいですから、きっと一般的に恵まれているひとが多いのかなと思います。

仕事のストレスは誰もがあります。

鬱になるほどのストレスは私も経験がありますので、やめたい気持ちも分かります。

資産が余裕の上にさらにもっと余裕であればなにも言いませんが

資産ぎりぎりの場合、1度辞めることを留まってください。一旦FIREをあきらめるってことです。

辞めるということはいつでもできます。

でも、辞めてしまったら、同じ会社には戻れません。

会社辞めて、FIREして、最終的にFIRE卒業(かっこよく卒業なんて言ってますが正直、卒業じゃなくてFIRE中退ですね)となれば、今まで働いていたより、能力が高い場合を除き収入は激減します。(仕事スキルが非常に高く転職先が多くある方を除く)

例えば、年収が700~500万円だったひとが、350~250万円になったら、正直時給半分です。

年収500万だったひとで、300万円以下になるというのも世の中当たり前に普通です。

これぐらいは覚悟しなくてはなりません。というか、年齢によっては再就職すら難しい世の中です。アルバイトなら200万は切るでしょう。

これでは過去を振り返っても、ストレスしか出ません。これは一旦高収入になった人が1/2や1/3に激減すると確実に高ストレスになります。

前向きになろうとも、現実がリアル過ぎて夢も持てなくなります。

わたしの経験上アドバイスできることがあるとすれば、どうしても仕事が辛く鬱になり辞めたい気持ちが増えた時は、休職することです。

メンタルクリニックへ行き、診断書をもらうことです。

有給の残り日数なんか気にせず、思いっきり休んでください。

わたしの場合、辛かった時でも、まじめに有給の範囲で復職しましたが、ぜったいに気持ちが完全に立ち直れるまで休んだ方がいいと思います。復帰後、気持ちがちょっとのストレスで戻ってしまい引きづります。

中途半端に元気になったとしても、仕事、プライベートともに発想が負のイメージばかりで良い判断はできず、結果悪い方向へと向かうことが多くなることが多いと思います。

傷病手当金などを使えば、どうにか生活もできます。長く休むことが出来ますのでしっかり調べて、会社と折り合いをつけてください。

わたしが実感したことは、ここで会社に対してまじめにならないこと。

自分のカラダが一番大事です。

辞めたい気持ちとFIREは別として考える。コレをごちゃまぜにしない。

こういう融通が効く企業であれば最大限使いましょう。こればかりは働いている会社事情でなかなか難しい場合もありますが、まずは休息して、仕事忘れるぐらい休息できればいいのですが、、。

こういう場合は、つらいですよね。

どちらにしても、感情だけで判断しないことだけは絶対です。冷静に判断です。

あなたの現在の仕事はそれなりに恵まれていませんか?

もう一度確認してみてください。

会社の肩書が無くなっても幸せか?

たぶん、FIREを目指している方は収入もそれなりでそれなりの役職に付いているかと思います。

すべてがなくなり無名のあなたになっても幸せでしょうか。

FIREすると、会社とも離れる為、信用が減ります。

肩書も無くなる為、肩書で生きてきた人には辛い人生となります。

いろいろな書類にも、お勤め先や役職を書く欄はいまだ多くあります。

そこに無職と書いて通る申請書類は比較的少ないです。

肩書と言われればいらないという人も多いと思いますが、会社人の肩書が無くなると、お金も銀行は貸してくれなくなります。

例えば、マイホームを建てたいとか、立て替えたいとか、融資を受けるようなおおきなイベントは済んでいますか。

おかねは借りれなくなるので、資産から取り崩しになります。

現在のところ、住宅ローン金利より投資のリターンのほうが高いことと、住宅ローンは節税効果もある為、労働収入があってローンを組むということは非常にお金にとって効率的なことです。

こういうことも含めて

あなたは、サラリーマンという肩書が無くなってもいいですか。

わたしはいま無職ですって、恥ずかしくもなく誰にでも言えるくらいの気持ちならFIRE向きです。また、融資を受けそうな内容が無いこともFIREにとってはプラスです。

FIRE後のやりたいこと

FIREしてやってみたいことをしっかりとたくさん言えますか。

旅行に行きたい!

とかっても、それってFIREしなくても行けますからね。

旅行だって、年に1回もいけば結構満足したりします。

毎月いろんな国行けますか。

わたしはFIRE後、旅行したくても月1回はさすがに行きたくありません。

永住も考えていません。日本が好きだからです。

たぶん2年に1回いければ満足かもしれません。

あとは何しますか。

なにか起業しますか。

それであれば、FIREじゃなくて起業ですね。

時間は無限にあります。

もし、FIREしてやりたいことがあるなら、仕事しながらでも実は出来ませんか。

出来るなら、きょうやってみませんか。

それでも、FIREしなかったらできないのであれば、それはFIRE後にやりたいことですね。

こういうこと、何個ありますか?

考えても出ないなら、考えてからFIREにしませんか。

やりたいことは、やっぱりあったほうがいいです。

圧倒的に時間がありますから。

とりあえず今、有給でも取ってやりたいことやってみましょう。

それでも満足できないならFIREに向いています。

最後に

資産が減っても、楽しいことできれば幸せ!って思えますか。

あなたの現在の仕事はそれなりに恵まれていませんか?

あなたは、サラリーマンという肩書が無くなってもいいですか。

FIREしてやってみたいことをしっかりとたくさん言えますか。

FIREってやってしまうと後戻りできないのです。

過去の状態には戻れません。

だから、軽い気持ちで会社人の最後を迎えてほしくないのです。

きっと、投資好きはお金好きなんです。

お金が育たないとストレスなんです。

暴落時でも、元気にお金を使えるような資産を作るか、それとも、暴落して目減りしてても元気よく使えるメンタルを鍛えるか。

これがハッピーFIREではないかと思います。


海外ETFランキング

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました