田中敦彦のYouTube大学 【株投資】

投資のはなし

YouTube本の要約を聞いたひとへ

今週に、オリエンタルラジオのあっちゃんがやっている、田中敦彦のYouTube大学で米国株(たぱぞうさんとバフェット太郎さん)の本の要約をやっていました。こういう著名人がYouTube等で紹介すると一気に米国株も興味持ってくれる人が増えますね。今回は初心者向けに書きたいと思います。

わたしは、S&P500 ETFがメインですので、S&P500を信じて生きていくタイプです。これが一番簡単で確実な方法だからです。

敦ちゃんが話すとなんかうまくいきそうな雰囲気だしますよね。まぁ、そんなにいいことばかりではないのですが(これは後述します)今回のYouTubeで初めてS&P500に触れられたのであればラッキーと思ってください。

わたしは米国株ETF のS&P500  VOO をメインに購入していますが、(VOOとは米国株式市場に上場されているS&P500銘柄。個別株を買うようにS&P500を買えるもの)

YouTube通り、投資信託で再投資型を買うのもよいですね。いまや手数料も安いですし、再投資も手間がかからないのはメリット。しかも少額でやるなら投資信託でいいと思います。

〇楽天・全米株式インデックス・ファンド

〇eMAXIS Slim米国株式

(S&P500)

がそのまま楽だし、いいと思います。

S&P500とは

S&P500を話すまえに、米国株とはを話します。まずはコレを。

なぜ、アメリカなのか。他の国に分散しなくても大丈夫?
@ぃふぇです。ユーロ、中国、インド、途上国へ投資したりせず、アメリカだけで大丈夫なの?全世界へ分散しなきゃアメリカ経済が崩壊したときダメになるんじゃない?これからは以下、私の考えです。最近は中国が大きく経済...

アメリカですね。分かりましたか。その中で優良企業500社を集めたS&P500という指標へ投資するのです。これが株式の王道なのです。

まずは、口座開設して買ってみよう

楽天証券やSBI証券がいずれ米国株を購入することとなると思いますのでよいかと思います。

この2社は投資信託はどこでも買えますが、その後の米国株を行うときこの2社は銘柄数が多く米国株にチカラを入れている証券会社です。しかも大手なので安心です。

そう言われても、、、、。わけわからないのに大事なお金預けるの不安。。と思っていますよね。証券会社なんて銀行口座つくるのと一緒で簡単です。窓口に行く必要すらないですから。まずは行動です。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

購入

S&P500を買う方法はいろいろあります。

ETF 個別銘柄のように米国株式市場に価格があって買えるもの。

投資信託  意味分からなくてもいいのですが、要するに S&P500の500銘柄を集めて小売りしているもの。少額からでも買える。

アー難しい。かんたんにいいます。

投資信託で

eMAXXIS Slim 米国株式 (イーマキシススリム 米国株式)  再投資型  コレを買うだけです。

これからはリスクを書きますのでよく読んでからはじめましょう。

株っておっかないよね。リスクは?

いいことばかりではなく下がるときも多くあります。ですが10年20年後を考えるならS&P500なのです。

下落のときS&P500と言えど、30パーセント~50パーセント下げが考えられます。

リーマンショック時は50%程度下げました。

例えば、100万円いれて、50万円になっても平気でいられますか?

その時、保有しつづけることができなければ、買うのやめましょう。

言いたいのはそれだけです。

もう少しいうと、

暴落時、怖くなって ”まだ下がるだろう。下がったときに買い戻そう” と思うのです。そして底で売って、買い戻せないというのが一般的な負けパターンです。

だから、一度買ったらどんなに下がってもアメリカを信じて売らないことです。過去が実証しています。

長期保有大切さ、S&P500のすごさは↓で確認してください。

このギャンブルやりますか?  ルーレットとS&P500
@ぃふぇです。カジノにあるポピュラーなゲーム。ルーレット。アメリカンルーレットというものであれば0と00を含む38の数字で構成されています。なので1~36の数字があるってことです。0 00 1 2 3 4 ...

最後に

まだ躊躇していると思います。これも読んでみてください。

若いひとへ ~怖いとか分からないと言わず今から投資をはじめよう。老後の不安はこれで解決します~
@ぃふぇです。今、あなたはいくつでしょうか。若ければ若いほど聞いてほしい内容です。お金がお金を呼ぶというのはよく聞く話とおもいますが、どう思いますか。複利というのは、はじめはぜんぜん増えませんが、後半雪だるま的にお...

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


海外ETFランキング

非常に可能性の高い投資ですが、投資は自己判断ですので余裕資金で進めてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました