マーケットに居続けようよ。それが正解。あたりまえはあたりまえに行動を

投資のはなし

株価の底を探ってネット検索していますか?

はーい。と答えた方へ。

底なんて誰にもわからないってことを大前提にしませんか。

敏腕トレーダーだってわからないんですからね。

もちろん、わたしにもさっぱり分かりません。

米国株インデックス長期投資においての正解は、未来は誰にもわからないってことを知ることなんです。

これが、米国株、世界株のインデックス長期投資する上で大事なこと。

下落や上昇は勉強すれば分かるとか、チャートを見ればとか、経済情報を仕入れたら分かるとか、無理ですからね。

無理だけど、大きく下がった時には、いつもより多く買うだけ。

素人には下落時を活用する方法はこれだけ。

だから、バフェットさんも下落したときのために現金用意しているでしょ。

また、一部のすごい著名人やブロガーは株価の底を分かると思っているでしょ?

そのすごいひとのブログを探そうとしてるでしょ?

それは、信憑性のある情報を提供してくれる方は居ますが、底など誰にも分からない。実態の無いものを追っかけているだけですよ。

こう言っちゃうと、ブログとか見る人減っちゃうんで、みんな内緒にしているだけ。

著名人でも結構外してますからね。

実際さ。

マーケットに居続ける事が大事って。

どんな名著にも書いているじゃん。

しかも、現金を早くマーケットに投下すべしってどこでも上昇時には言っているじゃん。

1800年から2000年の間、1ドルを現金で200年持ってると6セントになり、株式だと75万5163ドルになったって、ジェレミーシーゲルさんも言ってるじゃん。

『敗者のゲーム』にも過去上位30日を逃せば、年の収益率は、11.5%から5.5%に下がるって言っているじゃん。

その上位30日は事前には分からないんだよ。

であれば、今の状況ってこれから下がろうとも買うの一択じゃん。

2023年は下がるかもっていう情報入れたって、15年の長期投資ならなーんも影響なし。というかマーケットに居なかった時に上がった場合のほうが損ですよね。敗者のゲームの30日かも知れないんだし。だって明日から上がるかもしれないんだから。

これも、どんな名著でも、下がるのを待って投資タイミングをはかるよりトータルで見れば、早めに株式へ投資したほうが良いって書いてますよね。

なぜ永くこの王道が引き継がれているのにも関わらず、この大原則を守らないのか。米国長期投資において、これしか正解はない。

スイングトレードじゃないんだからね。長期投資の米国株インデックスは。

また、個別銘柄の投資とも違いますからね。あくまでインデックス投資の話です。

個別銘柄は、勉強次第で、スイングトレードでも利益が出ますので。(それでもインデックスを上回るのは至難の業ですが、ゼロではないので一応ね)

一般人はほぼゼロと言っていいほど、短期ならともかく、長期においてインデックスを上回ることは出来ません。

これも、空想の世界に浸らないことです。

ビビっている暇があったら、インデックスの目論見書をさっさ読んで買いボタンをクリックすべし。

そして、死んだ人が一番儲かっているという事実を受け入れること。トレードしないってこと。

今の時代、ぶっちゃけ使うあてのない現金は、多少のお金だけ残して、あとは突っ込み。

そして、毎月給与に余裕のある人は、余裕分だけ、積立設定して、あとは放置。

これで完了。

素直なひとだけが、幸せになるインデックス投資。

自分は投資家だ。なんて思うことが間違いの始まり。

復習しますよ。

〇株式の底(インデックス)は神様でも分からないので分析しない。

〇下がっているときはいつもより買いましょう。

〇マーケットに居続けること。

〇資金は早めに投下すること。時間を味方にする。

〇個別銘柄でのスイングトレードは、一般人レベルでは長期においてインデックス投資に勝てることは皆無である。(お遊び程度でやめときましょ、遊びたくなるのはご愛嬌です。わたしも含めね

〇死んだひとが一番儲かっている。(スイングトレードしない)

〇月々の収入に余裕があれば毎月積み立てる。

〇米国株か世界株式のインデックスへ(どのインデックスに投資したほうが良いかくらいは勉強したほうがいいですね。好みもあるので、それと信託報酬を調べたどの投資信託がいいのかとかね

もうこれだけ。

カンタンでしょ。

カンタンが一番難しいよね。

※今、いつが底か探っていて、いまだ躊躇しているひとの買いに背中を少しでも押せればと思って書いています。

来年落ちるかもしれません。わたしも知りません。それでもいいじゃないですか。でも15年後20年後なら軽いノイズですから。

株式に絶対はありませんが、インデックス投資とはこういうものです。とわたしは感じております。

信じるか信じないかはあなた次第です。また、行動を起こすか起こさないかもあなた次第です。

では、みなさんに幸あれ。


海外ETFランキング

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました